もふふろぐ

DDCC 2020 参加記

1月25日のDISCO presents ディスカバリーチャンネル コードコンテスト2020に参加しました。 告知ページがかっこいいですね。

昨年は新卒枠を利用した参加でしたが、今回の予選では幸運にも1200点(46:34)で224位につけ、一般枠で本戦に進むことができました。 自身4回目のDDCCになります。

当日、前年よりも早い9:30から、いつもの本社10階カフェテリアで開会式が始まりました。 最強コンテストなどより机が圧倒的に広くて快適です。 毎年コーディングの妨げになっていた、全方位のガラス窓から差し込む日光がカーテンで遮られており、DDCCの質の向上を感じます。

本戦

DISCO presents ディスカバリーチャンネル コードコンテスト2020 本戦

コンテスト開始10分前に、同一IPアドレスに関する制限によって、コンテストページが403 Forbiddenになる事故がありました。

300-600-800-1100の4問90分のコンテスト。 レーティング順位は200人中152位でしたが、1完300点(8:48)で115位になりました。 同じく1完に終わっている人が多い問題セットでした。 なお、今年も円を格子状に分割する問題は出題されていません。 もう問題案が尽きてしまったのでしょうか……。

A Div/de

Nimにおける山からコインを取り去る操作を、正整数から素因数を取り去る操作に置き換えたゲームについて、勝敗を判定する問題。 Nimの知識を前提とした問題が、速解きを要求される1問目で出たことに驚きました。 登場人物が高橋君と青木君ではなく「双子の姉妹であるYesNo」だった点も新鮮です。

装置実装部門

DISCO presents ディスカバリーチャンネル コードコンテスト2020 装置実装部門 予選

装置の仕様が記された長い問題文の読解と実装力を重視したコンテスト。 絶対に決勝に進むと意気込んで、前夜に昨年の復習と装置制御向けのライブラリの整備を行いましたが、結局予選で落ちました。 とても悔しいです。

昨年は液体を運ぶ台形制御の実装の丁寧さが重要だったのに対して、今年の決勝では「排出ステーション」と3機の「液体供給ポート」の巡回方法が勝敗に強く影響していたように見えました。

昼食

寿司、サンドイッチ、スパゲティ。 皆がお腹いっぱい食べられる量が供給されました。

懇親会

DDCC名物の稲荷寿司やDDCCケーキが振る舞われました。 料理は茶色に偏っている気がしましたが、この際、質より量です。 芋を沢山食べました。