もふふろぐ

DDPC 2016 予選

1月もあっという間に終わりですね。大学の試験期間まっただなかですが、1月30日にAtCoderで開催されたDISCO presents ディスカバリーチャンネル プログラミングコンテスト2016 予選の感想です。

つい前日に出たハル研のプロコン結果を見て、急に競技プログラミング意欲が湧いてきたので参加してみました。企業コンテストではありますが初AtCoderでした。

A DISCO presents ディスカバリーチャンネルプログラミングコンテスト 2016

あらかじめ問題文で与えられていた文字列を任意の文字数で改行して出力する問題。楽々ACと思いきや、保存前のソースコードを間違えて提出して1WA出しました。

B ディスコ社内ツアー

とりあえずそのままシミュレーションを行うコードを提出して予想通りTLEを出したまでは良かったのですが、改良しても部分点しか取れず、完全にはまってしまいました。どうやら同じ値の部屋が散らばっているときの処理を適切に書けていなかったようです。Twitterを見たところでも、同様のはまり方をした人が多いようでした。

C アメージングな文字列は、きみが作る!

文字列操作ですね。0点!

D DDPC特別ビュッフェ

与えられるデータ数の多い問題ですが、部分点が細かく設定されていたので、初めから部分点だけ取るつもりで採点待ち中に手を付けました。でも0点。

まとめ

結果は120点(23:53)で115位でした。初めてなので、このスコアが自分の中で良いのか悪いのか分かりませんが、B問題ではまらなければもっと得点できていたので悔しい……。手ごろな入力を作ってテストする重要さを知りました。