もふふろぐ

授業の課題のためのゲーム共同制作

年が替わる前のこと、プロジェクトマネジメントについて学ぶという授業で、6人のグループで1つのアプリケーションを制作するという課題が出ました。私のグループが制作したのはスクラブル(ボードゲーム)を元にしたパズルアクションゲームです。先日その成果発表会がありました。

ゲームを作ると聞くと楽しげな様子を想像しますが、課題は課題。正月番組が流れるテレビの前でエディタとにらめっこしていました。無事完成したゲームは、我ながら、配布しても遜色のない出来になったと思います。授業での投票結果は全16グループ中で1位でした。

他のメンバーがプランやグラフィック、サウンドを積極的に作ってくれたおかげで、プログラムに集中することができました。そのうえプログラマーからの要望も柔軟に受け入れてくれたので、開発を円滑に進めることができたと感じます。無事に終わって一安心です。